2016年02月05日

何となく祈りとヒーリングの話♪

1454618659808.jpg


けんち☆です(^^♪

 祈りの力は、想いの強さに比例して、大きくなるが、光がペンライトも日光も同じ用途に使える事を考えると、どんなに数を増やして祈ろうと、たった一人で祈ろうと、一人の人間を照らす場合においては、効果に大きな違いは無い♪

 そりゃ、社会を改革するような祈りは、辞書を作るように膨大な数の祈りが必要なのかも知れないが、己が身や家族、仲間、友人を助ける祈りは、己一人で十分であるように感じる♪

 (ていうか、今の社会改革は祈りじゃダメやろ、声を出さにゃ)♪

 で一人の祈りと言っても精神世界では、他の世界と繋がっているし、そこのチャンネルに繋がっている多くの人達とも繋がっているような…♪

 タワシが病の人の事を離れた場所で祈る時、その人をイメージしながら、多くの存在からエナジーを貰いながら、心に音や光を起こし、その人を包み込むようにする♪

 寝入りばなに、たまに、気になる症状や、存在が浮かんでくるので、そういうヒーリングごっこは、自分の安眠にも使える♪

 起きて黙祷やヒーリングをする時は、無言であったり、声や音叉やレイキを使ったりするが、マニュアルは分からなくなったら見る位で、その時のフィーリングに合わせた即興である事が多い♪

 この術を体系化して誰かに伝えたいとか、残したいとは別に思わない♪

 人はその人なりのヒーリング術を持っており、それは千差万別だと思う♪

 生け花や踊りに流派があるが、流派に所属しないと花を活けたり、踊ったりできない訳ではないという事である♪

 危篤状態になったジイジがICUでなく一人部屋の一般病棟に最後入院していたのだが、タワシのヒーリングは、ジイジの魂に届いたのか届かなかったのか、施術後、目をのぞき込んで見たら、しっかり見開いて、目で返事してくれた♪

 その晩の今時分(2:30頃)、アセンションゴールしたのだが♪

 何億人の祈りでも死者は行き返らない♪

 祈りやヒーリングで病気が治ると言う事は珍しい♪

 タワシだって、風邪一つ治せないのが実情であるが、気の持ち方はタワシ自身の中でなら変える事ができる事もある♪

 だってタワシの思考回路はマンガやドラマの世界だから(笑)♪

ありがとう♪


posted by けんち☆ at 06:44| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 熟睡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック