2018年07月10日

金星、ザ、イオン♪

けんちです♪

 捲る因果は風車♪

 妻子が散歩から帰って今度は妻が留守番で娘と散歩にマックスバリュへ行った♪

 金星が輝いていたが、街灯が輝いてて肉眼の用にはうまく写らない♪

 飛行船とか宇宙の話しをしてことわざとか分かる話しをして、歴史の話もして、お土産を買って帰ったUFOはさすがに買わなかった亜王のおやつも買わなかった24時感営業は地域にとってほんとうにありがたいので継続して欲しい♪

 さすがに深夜は行かないけれど、♪

 薬が効いてきて眠くなった♪

 おやすみなさい♪

 ありがとうございます♪
  • 20180710090920213.jpg
  • 20180710090927083.jpg
  • 20180710090934718.jpg
  • 20180710101021812.jpg
  • 20180710102951948.jpg
  • 20180710215236597.jpg
posted by けんち☆ at 22:11| 福岡 ☁| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

なぞかぞ♪

けんちです♪

 ある日の事♪

 災害が来る旅にパソコンする男がいた♪

 しかし男は女や娘に慕われて、男同士にも支えられスマートフォンとかiPhoneに救われて仕事以外パソコンを使う事がなくなった♪

 車は今日のうちに車検に出した♪

 男は商いがへなちょこで病んでしまったのだが、この先は災害で慌てることも無いだろう♪

 自分の人生に自信がない男は地震により与えられた大きな魂を背負ってこの先を生きて行くのだろう!

 明日の朝を信じて密やかに眠ろう♪

 ありがとうございます♪
  • 20180618204639393.jpg
  • 20180618204713089.jpg
  • 20180618204735409.jpg
  • 20180618204759825.jpg
  • 20180618204851400.jpg
  • 20180618204921848.jpg
  • 20180618205015656.jpg
  • 20180618205030088.jpg
posted by けんち☆ at 21:03| 福岡 ☁| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

世界♪

けんち☆です♪

 世界には三つの入口がある?

 表玄関と裏口と勝手口である♪

 何故だか出口はない♪

 ふと振り返ったら、そこに大きな大人が立っていた♪

 それが父ちゃんだ♪

 タワシから見るとアイスクリームをいつもくれる人と思っていたが、気がついたらその存在の可笑しさに爆笑してしまう♪

ありがとう♪
  • 20161114125146976.jpg
posted by けんち☆ at 13:04| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

カウントダウン♪

IMG_2332 (800x600).jpg

けんち☆です(^^♪

 今年の年越しは、娘と、自宅でカウントダウンした♪

 ナッチは寝ていた♪

 電波時計をみながら、ベランダを開けて、5、4、3、2、1、0♪

 あれ? 二人で耳を澄ます♪

 ほんのしばらくして、ボーーーーーーーーー…♪

 関門海峡の船が一斉に汽笛を鳴らす音が聞こえてきた♪

 あれ? の時間は音速の差だったのか?

 ハッピニューイヤーも言わず、「じゃあ、もう寝ようね」とタワシは眠剤を飲んだ♪

 娘はもうちょっとテレビ見てから寝るとの事♪

 普段テレビを見なくなった娘は、ガキの使いの下らなさにハマってしまったようだ♪

 年越しは、次元時震の要注意時間♪

 今年も、何とか同じ次元に移動できた(?)ので、ヨシとする♪

 年越しの他にも、年度替わりとか、どういう訳か社会現象が次元時震を呼び起こすのは、それがタワシの内面で行われるからだろうか?

 引っ越しとか、入退院とか、給料日とか、下弦の月とかで起こりやすいとか♪

 小さな揺れは、毎週、毎日起きているのだが、近すぎて識別が専門家でないとつかない♪

 タワシの中に専門家の知り合いはおらず、タワシは気にしない事にしているが♪

 別次元のニュース等もテレビやネットで入ってくるので、振り回されないよう要注意♪

 ドラマ内のニュースでパニクルというのは昔からよくあるパターンです♪

 平常心を保つのが、難しい時に起こるので、前もって予感できる場合には、カウントダウンで心を落ち着けるのも一案です♪

 まぁ、誰も避けれれぬ死別というのは、ありますが♪

 まだまだ長い未来という流れ、引かれあう魂が再び出会う事は、必然でしょう♪

 長い目で有り難く短いこの奇跡的人生を生きましょう♪

ありがとう♪


posted by けんち☆ at 05:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

月世界を体験してみませんか?

1451073817398.jpg

けんち☆です(^^♪

 誕生日に「ツキ」と三千回早口で制限時間内に言えると、月に行ける♪
 一回でも間違えて「スキ」とか言ってしまうと、出入り口に転送される♪
 ツキに見放される訳だ♪

 まぁ、そういう風にコーディングしたプログラマーの嫌がらせだが、パスワード制にすると、悪人がハッキングしてくるので、純粋にチャレンジャーの能力性にしたのである(ちなみにマイ国際ナンバー機能もついている)♪

 たまたまクリスマスが満月なので、物好きなお客は殺到している♪
 町の声:そうまでして、月行けんでいいっちゃ!(なっちさん88歳)

 問題は、アンドロイドのお客である。

 何万回でも「ツキ」と正確に発声する事が出来る♪

 そこで、プログラマーは、発声の揺らぎのチェックルーチンを入れたのだが、今の所それで何とか、クリアするアンドロイドは出ないでいる♪

 録音された音声の可能性は、スピーカー等と人体の発する声の波形の違いを立体的にどうとか(画像とのシンクロ性のチェックとか)…♪
 障害者コードを入力すれば、人工声帯でもチャレンジは可能である♪

 1回のチャレンジは、300ブッタ、経営者は桁違いの金額を提示したのだが、ウエンディの助成元のプロジェクトチームの意見の方が採用された(3万ブッタを超えると詐欺として訴訟を受ける危険性があるからだ)♪

 ハードウェアの開発費には、なっちゃん基金が使用された♪

 制御ソフトのプログラマーは、なっちゃんの夫がフリーソフトとして自腹で開発した♪
 殆ど月刊誌の付録からのパクリであるが、小規模NPOは訴えられるほど儲かっていないのが強みである♪

 オープンソースであるが、ソースを観たからと言って、月に行ける訳では無いし♪

 JASAの施設に転送されるので、使用料は高いが、宝くじみたいなもので、実際に誰が当選したかなど、消費者は考えないし、追跡もしない♪

 一部のマスコミと行政の都市伝説協力隊の支持が得られたので、夢を形にして売るのである♪

 GAギャラクシー等の団体からのクレームも来ていない♪

 装置自体は、プリクラ程度の大きさなのだが、ただ色々問題点があって、装置を置いてあるのが、国連の宇宙ステーション内の自動販売機コーナーに1台あるだけだし♪

 (ソース焼きそば自販機の隣にある)♪

 年末年始キャンペーン期間が終わるか、予定終了するまでしか置かれていないし♪

 ステーションまでの交通費は当然お客が払う事になるし♪

 でも、お客は何故か、同じ300ブッタの、焼きそばを食べて帰る(殆どが関係者だし)♪

 当然ペヤングでなく、UFOの売り上げの方が若干多かったそうだ♪

 なんて♪

 USO! タリラ、ラッタン♪

 (仕事もしないで、何妄想してんだろ)(笑)♪

ありがとう♪


posted by けんち☆ at 18:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

アリとサンタクロース♪

1450913015031.jpg
1450911325172.jpg

けんち☆です(^^♪

 別に今日明日の為に、ブログの背景をサンタさんにしている訳では無いが…♪

 中には正月に初日の出を背景に変える律儀な人も多いだろうが、タワシのブログの背景は、昔青空に雲だった♪

 それをDionからシーサーに引っ越す時に、ブルー背景を探して、採用したのが、たまたまサンタとトナカイだったのだが…♪

 引っ越しは企業の都合により行われたので、多くのリンクを失ったが、それは大した問題では無い♪

 このブログも半分以上が日常の日記のようになり、拙作品「アリとクリスマス」を発表しようかと思ったが、どうせつまらないので、推敲中と言う事もあり、何年後かのクリスマスに発表しようと、延期しようかと思ったが廃棄する事にした♪

 大企業なら納期の死守は、多少の犠牲を払ってでも守り抜くであろうが、NPOはその辺が緩い♪

 作品を発表する事は二次的な意味しかなく、日々の創作活動に意義があると考えている♪

 昔は、小説を書いても、発表の場が閉ざされていたので、タワシのような五流作家は、書いた作品を焼却するしか無かった(今はネットがあるけどね)♪

 煙になって天へ届く事が快感だったりもしたし♪

 今更、タワシが創作活動にのめり込んでも、仕方ないような諦めがある♪

 それよりアリとクリスマスで検索したら、既に一杯作品があるので、脱力感の方が大きい(笑)♪

 タワシの書いていたのは、殆どがパロディーで、読み返すのもイヤになった(笑)♪

 ゴミ箱行きだ♪

 最近は紙を燃やすのも、防災とエコと地球環境の関係で自治体の許可がいるし、作家の道楽は認められないだろう(プリントアウトも勿体ないし)♪

 何故アリを主人公に持ってきたかと言うと、その社会システムを、アパートの中に一匹迷い込んで来た、はぐれアリのアリを自分に見立てて、紙の中で冒険させたかったのだが、引き籠りもありかなとか思うし♪

 チームで創作する人達には、所詮一人ではかなわない夢…♪

 ある時(夏だったと思うがクリスマスイブにしとこう(笑))、公園で見るからに高齢の男性が、杖でアリを一生懸命、1匹、1匹、潰していた♪

 どんな想いが彼にはあったのだろうか?

 タワシにはそれが奇異な光景に見えて、話しかけなかった事を今更後悔している♪

 最後は自分の言葉で終わりたかったが、吉田拓郎のマーク2からの引用で祈りたい♪

 年老いた男が、川面を見つめて、時の流れを知る日が来るだろか?

ありがとう♪


posted by けんち☆ at 08:37| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

たわしまたろう♪

1409268040336.jpg

タワシマ☆です♪

 昨夜帰ってから被害妄想が激しくて、ナッチと娘が寝とっていいよと言うので晩御飯食べてすぐ寝ました♪

 一度9時ごろ目がさめて、眠剤を飲んで、娘のピアノを聴いていたら、ナッチに「あっちいって寝り」と言われ、そうしました♪
 
 娘に「ピアノ聴きよったのにね」と同情されました(笑)♪

 すぐ眠れました♪

 それからもう一度4時か5時頃気合で目が覚めて、妄想などに脅かされる筋合いは無い、食パンとヨーグルトで食事を済ませ、行く親しくして、出勤しました♪

 元気に存在する事に意義があると言ってくれる人もいるので、なんとか内面ブルーでも、表面は明るくオレンジ色とかに輝きたいものです♪

 今週は、特に短く感じられ、この夏も特に短く感じられ、それは生活がマンネリでアクティブな行動が取れなかった事に起因していると思います♪

 天気や仕事にも影響受けていると思います♪

 今、ここでこうやっていいのだと自分で肯定できれば楽なのでしょうが、もっと上を目指すとめげてしまいます♪

 最近の雨で一気に海まで流されて、恐らくオーシャンブルーなので、今の波の上をすう〜っと、砂浜まで乗って陸に上がる事をイメージします♪

 タワシは亀の甲羅に乗った、浦島太郎です♪

 今の世相は良くも悪くも理解できていません♪

 竜宮城へは妄想の旅で行った事があるような気がします♪
 実際の竜宮城でなく、仮想の竜宮城ですが♪
 タイやヒラメの舞い踊りは何となく覚えていますが、他の記憶はあまりありません♪

 多分玉手箱の煙になって、お空へ飛んでいってしまったのでしょう♪

 映画とかの記憶の影響もあるのでしょうが♪

 この夏もあっという間に終わったし♪

 一気に年をとったし(笑)♪

 たまにはカップ麺も若返りの秘薬?

 ありがとう♪

ラベル:浦島効果
posted by けんち☆ at 11:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

朝方ロボット♪

何年か前の今頃
朝食

けんち☆です♪
 例にヨット♪、おっと霊に寄って、落ちの無い話を一つ♪
 入院するたびに世界が変わるというお話し♪
 
 私が入院すると、妻は、洗濯ものを取りに来るという名目で、携帯やミュージックプレイヤー(ウォークマンやiPodミニ)を充電してくれてバスと歩きで毎日面会に来てくれていた♪

 平日は娘が学校に行った後、午前中に30分かそこらでバスが無いからと、ちょっと話をして帰っていった♪

 いつも来てくれていいねぇとスタッフや周りの患者さんは言っていた♪

 私は仕事が気になるので、メールチェック等は事務所でナッチがしてくれていた♪

 それでも仕事は溜まっていき、経済的にも負担なので、バアバに頼み込んで、主治医と話し合い、3か月の所を2か月で退院させてもらったりしていた♪

 任意入院でも医師の判断しだいでは、本人の希望だけでは退院できなく、ナッチは入院こそしなかったが私の対応を巡って、主治医とケンカしていたり疲労と私の入院で感情の起伏が激しくしかも患者という事もあったので、主治医は言う事をきいてくれず、バアバの出番となった♪

 この先、バアバも高齢の為、あまり負担はかけられない♪

 従って、もう認知症を発症するまでは、入院する気は無い♪

 礼子さんも絶対入院はさせない、ウエンディで看護してくれると言っている♪

 昨夜は、9時に眠前を飲んで、9時半には寝て、その前にもちょっと仮眠をとって、薬も歯科医の薬が1錠増えた事もあり、爆睡できて、2時起きというのに、意識はしっかりしている♪

 ふらつきも無い♪

 こんな時は、礼子さんは、頓服を飲んで、二度寝した方がいいよと言っていたが、私は日中や夜十分に自分の時間を過ごせないので、どうしても朝方(深夜型?)に仕事や趣味のパソコンをしている♪

 主治医は、夜パソコンをするのが一番良く無いと言うが、私にとっては、深夜なのではなく朝なのである♪

 早起きは別に私に限った事でなく、親しいメンバーはやはり早く寝逃げしたいので、深夜に目覚めてメールとかしているようだ♪

 私はPCメールは公開しているが、スマートフォンやその他のメールアドレスは必要最低限の人にしか教えていないので、深夜にメールとかは来ない♪

 私の場合、メールチェックからインターネットに流れるというパターンが有り、仕事でもメールを使っているので、つい興味の無いサイトを開いてパニックになる事も多かった♪

 騙されやすい体質なのである♪

 ネットの中での人間関係で悩む事も多かった♪

 1日に届くメールが百通を超える事も珍しくなかった♪

 中には相談ごとをメールされて、対処に困るという事も多かった♪

 本当にリアルな相談ごとなのか、だましなのか、当時の私には判断できなかった♪

 今は事務所や職場ではノート型PC、外出中で仕事でPCがいる時は持っていくが、iPadが身軽なので、そっちを使う事の方が多くなってきた♪

 と言っても今のところ、カメラ替わりにブログを投稿する事やスケジュール管理がメインで使いこなしてはいない♪

 話は戻るが、入院に至る時は妄想の極地に至っているので、人間関係が疎ましくイライラや妄想、幻聴、幻覚が激しく、スに戻って退院してみると、同じ人間のはずなのに、入れ替わったような感覚が生じる♪

 実際、娘はどんどん成長していくし、ナッチの体型も顔つきも変わってくる(笑)。

 入れ替わったのは私の精神で、外部は本質的には何も変化していないのだろうが、私にとって新しい人間関係の構築を1から始めなければならない♪

 入院中にたまった仕事もやらなければならないし、それはそれで素直に退院を喜べなかった♪

 一つに宗教上の問題や政治的な問題や社会現象の問題と現実の人間関係の問題がリンクして交錯するので、発病してしまうようだが、今はNPOであり、凡夫である事を自覚しているので、大きな妄想には至らずにすんでいる♪

 私の場合、入院中も朝方早く起きて、ノートに意味不明な文章を書いたりお経を読んだりして過ごしていたが、それをとがめられることは無かった♪

 さすがに深夜に寂しくてデイルームにいると、部屋に帰りなさいと指導があったが部屋に寝てるかどうか確認に来るのは深夜だったので、さすがにその時間帯は熟睡している場合が多かった♪

 3時くらいならOKで、デイルームで塗り絵とかしている他の少数の朝型患者さんと仲良くしていた♪

 何度目かの入院か忘れたが、私が早朝覚醒して、しかも薬の副作用で、落ち着いて二度寝もできず、じっとしていられず(アカシジア)、相部屋の人に迷惑をかけられないので、1回のテレビの部屋で、もんもんとしていたら、見回りの看護師さんがやって来たので、事情を話すと、じゃあ、今晩はここで寝ていいよと、毛布を持ってきてくれた、でテレビの部屋(2病棟1回の食堂)で一夜を過ごした事もあった♪

 あの頃の入院患者さんは、半数以上は社会復帰して、残りの半数くらいはまだ社会的入院で、残りはどうしているだろう♪

 テレビの部屋にはオルガンが置いてあり、昼の2時か3時に女性患者さんが、弾いていた♪

 今はビジネスホテルみたいな病院になってしまったが、当時の入院の辛さも良さも今は失われつつあるような気がする♪

 ナッチは十代で入院して2〜3年入院生活をし、その後、デイケアや社会適応訓練を経て、Wendy21にと繋がり、私と結婚したが、運命というか、宿命というか、ソウルメイトと言うか、縁というか…。

 選択肢は過去になく、いつだって今が選択肢なのである♪

 変わる(変えられる)事が出来るのは、まず自分の意識であり、先の目標をきちんと持って今を充実して生きて行く事が大切である気がする♪

 もう十分頑張ったし、これからも頑張るが、残された命は、1割自分のため、3割家族のため、5割社会のため、残り1割は遊びとしてとっておこうと思う♪

 やはり落ちは無かったが、これで再発して入院というのが落ちにならないよう気をつけたい♪

 そろそろナッチが起きてくるので、今夜はこの辺で♪

 ありがとう♪

posted by けんち☆ at 04:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

愛ロボット♪

贅沢な朝食


けんち☆です♪

 近頃の私は、片づけと、物忘れと、贅沢と節約と、寝不足でした♪

 昨夜は8時前には眠くなり、うとうとしていたら、9時になったので眠前を飲んですぐに寝ました♪

 デスクの上に通帳がおいてありましたが、今朝、あわててパソコンリュックからパソコンを取り出して入力しました♪

 それからスマートフォンでもよかったのですが、せっかく有るんだからとiPadで朝食を撮影してプチパニックを起こしながら、パソコンアドレスへ、写真をメールしました♪

 デジタルカメラは性能の良い物を持っていますが、殆ど使っていません♪

 先端の端末が普及すると、専用機の需要がすたれていくという経済的にどうなのかなぁという気がしますが、我が家だけのぐーたら問題に留めて置きます♪

 全く物が売れないという時代ではありませんが、二極化しているような気がします♪

 私がかつて、ワープロからパソコンへの文書コンバーターを作った時に、多くの写植屋さんが職を失いました♪

 私だけでなく、そのお蔭で失業してしまった(私も)人などが多っかったように記憶しています♪

 人は安い賃金で働かされ、機械が人に乗り替わって仕事をこなしていく♪

 そういう意味で21世紀は、ロボットが人を養い介護する時代になっていくのでしょう♪

 ロボットに愛はあるのか? 難しい問題ですが、答えとしては「有る」と私は思っています♪

 愛をプログラミングするのは簡単で、メモリーがちょっと沢山いりますが関係性を密にしていけば、回路が自然と形成され、一番早いルートで情報が伝わるのが愛です♪

 プログラマーに愛が有っても無くても、ハードウエアに魂があっても無くても、ソフトウェアに魂が合っても無くても、必然的に愛は生まれてくるものだと私は思っています♪

 この宇宙、この世界は、憎しみや悲しみや怒り以上に、もっと大きな愛のエナジーで満たされているからです♪

 自然と落ち着く所に落ち着く♪

 重い物は底に沈み軽い物は空へ浮かぶ♪

 突き抜ける物は突き抜ける♪

 あっけらかんと困難な時代を慎重に一足一足歩いていきましょう♪

 今の問題から目をそむけてはいけないのですが、問題を抱えすぎても心に良くない♪

 問題解決を楽しむように生きて行けば良いのです♪

 ところでアイボ君はまだ愛されているのでしょうか(笑)♪

 我が家のロボットは全滅です(笑)

 ありがとう♪
posted by けんち☆ at 06:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

台風の想い出♪

レトルトカレー♪


たけしです♪
 父が折尾で保線区の仕事とかしてる時に、それは起きた♪

 社宅に住んでいて、まず木の柵が吹っ飛んで、家の中と外の境目が無く、通勤の人々から家の中が丸見えになった♪

 風呂は庭に石炭で炊くように設計されていたので、風呂に行くにも着替えを持って行かなければならなかった♪

 社宅は崖の上にあり、丁度すれすれの所まで町が水没していた♪

 敷地内にモモノキがあり、美味い実があった♪

 良くもいで食べた♪

 実験と称して、色んな調味料やら薬品やら混ぜた瓶を地中に埋めたりしてあった♪

 初めて自分の部屋というのを持たされ、小学校3年と4年の頃だった♪

 紙コップや、エキスパンダーや、各種バネや糸や扇風機を加工して、オリジナルエコーマシンを作ってカセットテープに自作の曲を多重録音して遊んだりしていた頃♪

 カセットテープのテープを無限ループにしたりしてダビングしたりしていた♪

 雷の音を録音していてそれはピカっと怒った♪

 もっと真面目に生きろと神様が思ったのかどうなのか分からないが、ヒューズがとんだ♪

 あの頃からすでにレトルトのカレーがあったのかどうだか記憶に定かではないが、カレー好きな彼であったのは間違いない♪

 後日、国鉄の大工さんが来て1日で頑丈な板の柵を作ってくれたが、今はもう残っていないだろうなぁ、半世紀近く前の出来事である♪

 初めてUFOに遭遇したのもその頃の小学校のグラウンドであったが♪

 光の知性の問題はもっと古く幼稚園に通う前の防空壕の中での出来事なので、また後日書く事にする♪

 ありがとう♪
posted by けんち☆ at 12:01| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

深夜の買い物ウォーキング♪

買い物ウォーキング
夜食



けんち☆です♪
 昨夜、早寝した関係で夜中に目が覚めました♪

 お腹がすいたのですが、朝食を先に食べると怒られるので、マックスバリュまで買いに歩きました♪

 夜中車出すのも近所迷惑かなとか思って♪

 で、買い物をワオンカードでしようと思うと、財布に入っていません♪

 auのプリペードカードを使おうと思って出したのですが、まだ使った事が無いし裏に署名もしていなかったので使えませんでした♪

 そういえば、スマホにワオンアプリを入れていたと思ったら、使えないと妻が言うのでアンインストールしていました♪

 今、急速に普及している電子マネーですが、お金はどこが何に運用されているのか不思議です♪

 忘れた頃に出てくるのですが、小銭も集まれば太いです♪

 昨日妻がコンマリさんの本で、社長さんの家を片づけたら現金数十万円出てきて驚いた話を聞いたのですが♪

 当の社長さんは、「ふーん」と言ってコンマリさんの驚きにも無関心だったそうです♪

 お金のない人には、有りがたいお話しですが、私たちのようにお金に困っている者たちにとって、小銭は貴重です♪

 生前父も小銭入れにお金がたまって、よく私に両替してくれんかねと言っていましたが♪

 競輪でお金を稼ぐというよりも、当たった時の爽快感が中毒になるようです♪

 負けて帰る時は、友人のタクシーで、後日払うからと言ってタダで乗せてもらっていたそうです♪

 フーリガンではありませんが、負けて悔しくて暴れたり火をつけたりする人も多いので(気持ちは分かりますが)そろそろギャンブル止めてみませんか?

 生きる事が一つのギャンブルと言えなくも無いので、同じお金をかけるなら、自分達の未来にかけてみたいと思います♪

 そうこうしている間に朝がきます♪

 今日はどんな1日になるでしょうか?

 う〜ん、夜食食べたら眠くなりました♪

 昨夜も眠剤飲んだ後はiPadの電波の調子が悪く、0時過ぎに目が覚めて色々いじったりしていたもので♪

 お金がなくても物はふんだんにある時代と環境に生きています♪

 そもそも歩いて24時間営業のスーパーが近所にあるという事に感謝して、眠りましょう♪

 おやすみなさい♪

 って言ってもまたiPadいじるんだろうけど(笑)♪

ラベル:24時間営業
posted by けんち☆ at 04:17| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

アパートの想いで♪

1402607373215.jpg


 この団地に引っ越してきて、十数年(覚えて)公園のブランコやダムの滝や色々な思いでが有りますが、遡ること数十年前、ワシが小学生だった前からこの団地に母方の祖母と母の妹が住んでおりました

 その頃は、まだワシのアパートは建設されておらず湿地帯で、綺麗な小川が流れておりました

 カエルやメダカやトンボも多種多様な生物が住んでおりました

 母方の祖父は戦争で障害者となり緑ヶ丘病院で寝たきりで晩年を過ごしていました♪

 母方の祖母はワシが入院中に一度面会に来てくれて、その後亡くなりました♪

 父方の祖父は子供の頃に死んで、父とお葬式に国鉄を使って鹿児島まで帰ったのを覚えています♪

 小学校5年生位の頃の事でした♪

 娘も

 今になって思う事は人生の不思議さ、縁とゆかりの不思議さに改めて驚かされます

 タバコと時々差し入れる種無しブドウをとても喜んでいました

 まさかその時、鹿児島県大口市から本籍地をこの地に移動するとは思ってもみない事なのですが、僕のもう一つのペンネーム(今現在執筆中ですが)八波健二(やつなみたけし)の由来はそういう事なのでした

 例によって霊によって先代から引き継いだ霊魂が引き寄せるという良くあるパターンですが、そうやって縁もゆかりも無いと思っている同志が語り継がれ歌い継がれてソウルメイトになっているのだと言うことです

 雀やメダカもそうですが、群集心理というのが存在します。人が一人一人個性や波長が違うように雀同志メダカ同志でも群衆心理というのが働き群れとして動く一方ではぐれてしまう一つの愛が始まる時もあります。それは自然の刹那というか、やむを得ない出来事です

 引き寄せの法則がどこまで正しいと思うのかは人によって体感や霊感はそれぞれですが、私の場合は、現実として、引き寄せられていると感じる今日この頃です♪

 アダムとイブではありませんが、ナインティーンエイテイーナインという歌声が耳に刺さってしょうがないような心境です♪

 世代間の差は多かれ少なかれありますが、鉢合わせのメッカともいいますが、ウエンディでは誰が言い出したのか定かではありませんが、なるようにしかならない、ならないようにはならないと普段から言い聞かされています♪

 午後は菩薩様が現実に現れ、私をピア・カウンセリングという処方で癒して下さいました♪

 フィクションだと思われる方も多いですが、私の精神世界ではそれが現実なのです♪

 観音様や如来様や、底辺のソウルメイトたちの呼ぶ声が本当に聞こえるのです♪

 現実問題として、これから先、どうやって生きていけばよいのか悩む今日この頃です♪

 同じく悩んでいる人も多いと思いますが、私の場合は家族や仲間や多くの支援者のおかげで、神様に祈らずとも共に生きる仲間、共に生きた仲間と共に、明るい未来を築き上げたいと思います。

 今日は僅か数行の文章しか書けませんでした(守秘義務の為)しかし、世界を変えるのは自分の心や体をまず変えてからしか私たちにできる事は限られています♪

 そろそろ帰る時間だし、たまっている仕事もあるので、続きはまた後日という事で、今日のドラマは終わります♪

 まずは今日のところは自己紹介と現実の夢の中を語る(カルマ)というです。

 最後まで読んでくれてありがとうございます

 作 八波健二(やつなみたけし)

posted by けんち☆ at 16:23| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

雪女の恋(SS)


雪枝
 
 幸枝は憂鬱である。昔ならこの季節自在に雪を操り男を弄んだものであるが、なにせこの暖冬。おまけに前回の夫とは死別、その前の夫との間に生まれた子供も全員自立してしまって、孤独である。その前は記憶にないが。今、天涯孤独である。
 
 そろそろ次のターゲットが欲しいのだが、いい男はほとんど妻子持ちだし、若すぎるのも年齢的ギャップが大きい。自分の年齢も記憶に無いが、今は外見上どう見ても40過ぎのおばちゃんだ。
 男さえいれば、いくらでも若返るのに。
 だからまだまだ恋をしたい。
 
 山小屋に引きこもりながら、必死で携帯サイトでカモさがしをしているのがここ数年の幸枝である。
 
 そうそう、今住んでいる山小屋は、携帯会社がダミーで立てたもので、本来携帯アンテナと機器の基地局であるから、電波も電源も問題無し。
 
 急がないと、もう桜のシーズンである。
 早く男の精気を得ないともう餓死寸前。
 
 そうそう、サクラと言えばまったくもう、携帯サイトは、サクラだらけだし、マジ本気のこちら側さえ、サクラと思われて相手にしてくれない。
 
 そもそも青森の山奥まで、会いに来てくれる人って、条件嚴しすぎ。
 
「メールが届きました」
 
差出人 柴田仁
件名 はじめまして幸枝さん
本文 はじめまして幸枝さん。ホームページ見ました。本当に雪女なんですか? 是非お会いしてお話を伺いたいです。
 申し遅れましたが、私は福岡県立大学妖怪研究部の柴田仁と申します。
 具体的な話は、まず電話でしたいと思いますので、電話番号を教えて下さい。
 
「あら、あたしホームページなんか作ったかしら、記憶にないなー、だいたい何よ妖怪研究部って。失礼だわ。しかも九州? 北海道あたりにしてよ」
 幸枝は独り言を言う。
 
 でも、サクラとかでは無さそうだし、どうせ妻子持ちだろうが、老人だろうが、もうかまったことではない。なにせ餓死寸前。
 
 幸枝は、返信した。
 
 
 結局この話のオチは、この男と結婚することになったという長い話なので、はしょるが、新婚旅行が男の希望でハワイでの挙式というので・・・。
 
 はたして幸枝はハワイに雪を降らせる事ができるか? その位強い愛を抱けるのか? とかその辺の話になる。
 
 というような話。
 
 オチを忘れた頃に、続きは書こう。
 
 ハワイ行った事ないから、現地視察したいけど、予算が無い。とほほ。
 
 

posted by けんち☆ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

箱入り家族(SS)


箱の中の娘達

 
 約5年前にひとつ段ボール箱がヤマト便で届いた。
 差し出し人は、銀河系の中心地の役所だった。
 開けてみると器量の良い女だったので、なっちと名付けて妻にして一緒に暮らすことにした。。
 それから1年してまた箱が届いて、開けてみたら器量の良い虎猫だったので、トラ王と名付けて飼う事にした。
 それから2年してまた箱が届いて、開けてみたら、器量の良い赤ちゃんだったので、になと名付けて娘にして育てることにした。
 気付いたら僕ら市営アパートの箱の中に住んでいた。
 さて、出来ればこの箱のまま、どこかに届けられると良いのだが。
 優しい宇宙人に飼ってもらいたいような。
 役所から引き取りに来てもらうのを待っている。



posted by けんち☆ at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

マゴコロの起源(SS)


mizuumi.jpg 
 この宇宙の遠い所にある、その惑星は極楽とも言われる所です。
 そこでは皆、何不自由なく暮らしています。色々な惑星で苦労して徳をつんで輪廻転生から解脱した人たちがすむ惑星です。
 
 ところが、苦労は買ってでもしろって訳で、この宇宙には、悲惨な生活をおくる人もまだ数多く存在するので、ボランティアで、よその惑星に生まれ落ちる人たちがいます。
 
 そういう人たちは仏教では菩薩とかいう者に近いでしょう。
 
 何と呼べばいいのか分からないので、以下では菩薩と呼びます。
 
 極楽から生まれ落ちたとはいえ、身体も精神も他の人と同じ人間です。スーパーマンのような特別な能力がある訳でもなく、他の悲惨な惑星の住民と何ら変わることなく暮らしています。
 
 しいてあげれば、そういう人は苦労をしょいこんでしまう人生を送るという点で、悲惨な惑星の中でもただ単に恵まれた人たちとは異なります。
 
 しょいこんだ苦労は、談合もなく入札して手に入れたものですから、喜んで苦労します。
 その惑星で苦労して成長して特に格があがるということもなく、第一元の極楽では格なんか上がらなくても充分幸せだからです。
 
 苦労すれば報われる事もあり、そうでない時もあります。苦労に耐えきれず逃げ出す者もいます。しかし背負った苦労が大きければ大きいほど、後の喜びも大きいのです。僅かな幸せが有り難いのです。
 
 
 残念な事に、多くの菩薩は自分がそれだと気付かないでいます。自分のしょいこんだ苦労がその惑星の抱え込んだ苦労の一部だという事に気付かないで。
 
 そろそろ気付いてもらいたいという、一応宇宙のマゴコロという存在がいて、仏教では阿弥陀様とかいいますが、その存在が私に、知らせろとのお達しを下さいました。
 
 それで今回お伝えします。このブログを最後まで読んだ人。そうあなた達は菩薩です。
 
 誠にご苦労さまです。
 
 チーン。
 
 

posted by けんち☆ at 03:39| Comment(3) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

足音


米島家玄関 
 
 デイルームで、僕は目を閉じて耳をすましていた。

 「今日、ばっちり」
 「うんばっちり」
 「愛ちゃんいつ帰るん?」
 「今日帰る。うんや明日帰る」
 「良かったね」
 「うん良かった」
 てくてくてく・・・。

 「あっつめ切り貸して下さい」
 「丸和のつめ切り」
 「あ、あそこだね」

 閉鎖病棟なので、微妙に空気の動きが分かる。

 「大丈夫?」
 「うん」

 てくてくてく・・・。

 人の足音は微妙に音が違う。
 シャカッ、シャカッ、シャカッ。
 山口のおじいちゃんを一生懸命介護する天本さん。彼もまた入院中にピアサポートスル当事者である。

 ・・・カツンカツンカツン

 「勘違いしてたよね」
 「面会室がいっぱいあって、どこか分からんかったよぉ」
 「トイレもいっぱいあってぇ」
 「病気だったんすよぉ。幻聴なんか聞こえてきてぇよーするにぃ・・・」

 「TVみながらお前と話しなんかでけん」と角さん。そりゃそうだよねって思う助さん。

 さくっさくっ。
 ポテトチップスをほうばる。
 「元浦さんおいくつですか?」
 サクッサクッ。むにゃむにゃ。
 「73才」
 ムクッ。
 「天皇陛下と同い年ですよ」
 「お若いですねぇ」
 「ふふぉほほほ・・・」

 入院中の思い出を語ってばかりいた自分が・・・とうとう入院中の自分をドキュメントする事になってしまった。

 「ナースコール鳴ってるけどどこからか分から〜ん」
 「た、たたすけてえぇ」

 新病棟の新システムにとまどうスタッフと患者の声。

 カツンコツンドタハンバタン、ゴチャゴチャ。

 そおっと、静かに、目を開けてみたら、ベッドに寝ていた。
 こんなこと前もあったな。
 皆が笑顔で僕の目覚めを喜んでくれていた。
 

posted by けんち☆ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

らんし


ぐちゃぐちゃ
 闇に虹色の蜘蛛の糸。

 くっきりと滲まぬ光の線。

 背景の黒の方が輝きを増して見える。

 光源は私の背後はるか先の窓からの光。

 照らす対象は、私の背中をすりぬけて蜘蛛の糸だけ。

 あとは、漆黒の闇。


 蜜柑の皮を剥く時に、ヘタがとれたら良くない。

 そんな事を考えながら、蜘蛛の糸に手を延ばす。

 つかまって死んでいる黄金虫をつまむ。

 揺れる糸を待っていたのか。

 虫は、おとりで、餌は私か。

 するすると大きな極彩色の蜘蛛が降りてきて。

 私の鼻先で止まる。

 にらみ合ったら、まず勝てない私。
 思わず、ふーっと吹いたら、反動で顔に接近してくる。

 女郎は好きだが、蜘蛛は大嫌い。
 しかし好き嫌い言ってる暇はない。
 甘くねばっこい口づけ。

 古めかしいCGアートシアターだったが、そこそこ楽しめた。
 今どきワイヤーフレームというのが、何とも新鮮だった。

 そうそう、私は子供の頃、ワイヤーフレームの夢をみた。
 当時始まったテレビ放送の影響だろうと思う。
 そういうものが目をつぶって見えるのは、当たり前だと思っていたが。
 人に聞くと、ことごとく、それは変だ、おかしいという事になった。
 医者に行けとまではいわれなかったので、そこまで異常ではなかったのだろう。

 その後、重い近視と乱視になって、メガネをかけないで、夜歩くと、幻想的な町を旅することができた。
 日中歩くと視覚障害者だが、夜だと視覚能力者だ。アートが見える。

 もっとも、曇り空の田舎道を歩いても、何も見えない。
 UFOを探して肥だめ落ち。

posted by けんち☆ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(10) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

ひかりのせかい(SS)


空
 生まれ変わりを信じますか? 霊魂を信じますか?
 ここは、そういうのの中継基地です。
 ここのものは全て光を放っていて、影すらほんのり光っています。
 建物は無く、皆、野に跳ねたり転がったりしています。
 何に比較的狭いです。
 物を食べる習慣は無いので、用を足す必要もありません。
 時折野に生える草花を口にくわえて、生気を吸い取っています。
 草花は、溢れる光と大地の養分と、生き物のガスで成長しています。
 枯れた茎や根が絡み合って大地を作り、中空に浮かんでおります。
 何に比較的低いです。
 生き物は、鋭い葉っぱで、他の生き物を傷つけたりします。
 傷口から、特別明るい光の液が出ますが、すぐに固まって、生き物を成長させます。
 生き物の組織は主に神経で、容易に他の生き物と結合します。
 傷口から結合することもありますが、口や手足が接合することもあります。
 あまりくっつきすぎると、ちぎれて、分裂して、だいたいの長さは、そう大きくない。
 葉っぱに比較して十枚から二十枚の間です。
 光の色は様々で、それが感情です。
 たいがいの世界というものは、恨みやら憎しみで傷ついた魂を生み出してしまうので、こういった世界で、思う存分暴れて、無色透明に輝く頃に、枯れて、よその宇宙の生命に生まれ変わるのです。
 僕はたまたま心の病気で、死ぬ前にちょこっと訪れたことがあるので、このように見てきたような事が書けるのです。
 見てしまったからは、もうそこへは行けないんですけどね。
 何に比較的、僕の世界の僕が決めた規則です。
 水族館で水母を見ていて思い出した話です。

posted by けんち☆ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

妄想→現実コンバーター

海岸にて
 退院したら世界が著しく変化してるので驚いた。
 浦島太郎とはよく言ったものだ。
 テレビや新聞は聞いた事もないような妙竹林なニュースを流しているし、インターネットはなんじゃこりゃ。
 多機能原子ジェネレーターやレーザー分子合成機が格安で手に入るようだ。
 やった、ついに俺の時代が来た。
 入退院で大分金を使ったが、幾らかの資金はまだあった。
 それをすべてつぎ込んじ必要な機材を購入した。
 プログラムの方は、入院中に作ったものがほぼそのまま使えた。
 64本のビームを使っても一立方センチの空間を妄想で満たすのに約90〜220分かかる。電気代は電子レンジ並。

 安い機械なので、炭素分子までしか生成できないが、それはある意味素晴らしい。
 完璧に動作したが、コンバート完了時に装置の方は妄想の彼方へ消えた。

 完成した白い卵の殻のような妄想の膜を剥くと、中からダイヤモンドの指輪が出てきた。
 表面はつるつるだが、外光を百パーセントリングトップの表面に輝き出させるように内側から巧妙にカットされたようなオールダイヤモンドの指輪。

 なんともオトメチックな妄想で恥ずかしい限りであるが。
 それを喜んでくれる人に、心当たりがあった。
 で、彼女にそれを捧げた。
 プロポーズの言葉は覚えてない。
 そして妄想は現実となったのである。
 すると役目を終えた指輪は、妄想と共に消えた。
 結婚、子育てという現実だけが残った(ある意味実話)。

posted by けんち☆ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする